大塚たくま.com

福岡ではたらくWebライターです。

福岡のライター・大塚たくまのプロフィール

f:id:zuleta42:20200205135210j:plain


 

大塚たくまの執筆得意ジャンル

  • 観光、おでかけスポット取材
  • グルメ取材
  • 人の情熱を深堀するインタビュー
  • SEO対策を施した記事執筆

記事単価

企画によって前後しますので、お気軽にご相談ください。

記事制作にあたり、価格が高くなればなるほど「企画」「取材」「調査」にコストをかけるように意識しております。報酬や許される経費の範囲内で、最大限面白くなるように企画を練ります。

SEO対策を施した記事

ジャンルを問わず、SEO対策を施した記事執筆、構成が可能です。過去に執筆したジャンルは幅広く、挙げるとキリがありませんが、以下のようなものです。

 

化粧品、健康食品、ウォーターサーバー、ペットフード、ペットの健康、子どもの教材、歯科経営、歯列矯正、バレエ、女性の恋愛howto、家電、格安SIM、仮想通貨、ブランド品買取など

 

前職で学んだこともあり、SEOは私の本職と言っても過言ではありません。SEO対策を施した各ジャンル記事は無記名かペンネームで執筆しています。執筆者が私であるという事実が、メディアにとってプラスになる場合はその限りではありません。

 

ハッピーテイナー・ゆきさんに描いていただいた漫画です。

f:id:zuleta42:20200807114013j:plain

f:id:zuleta42:20200807114016j:plain

f:id:zuleta42:20200807114020j:plain

f:id:zuleta42:20200807114024j:plain

www.otsuka-takuma.com

 

 

大塚たくまの執筆実績

記名記事で紹介できる、主な執筆実績をご紹介します。どの媒体でも「どう書くかより、何を書くか」という点にこだわっており、文章を書くうえで「情報収集」にもっともこだわりを持っています。記事単価が上がれば上がるほど、「情報収集」にコストをかけることで、記事品質の向上を図るのです。

福岡のグルメを深掘りする「メシ通」

www.hotpepper.jp

メシ通では福岡のグルメを深掘りする記事を多く執筆しています。得意なのがつくり手へのインタビュー記事です。つくり手に直接メニューのこだわりを聞き、消費者が知らない新たな事実を発掘します。読んだ後、各グルメが2割増しで美味しく感じられるような記事を目指して執筆中です。

とくに読んでほしい記事

www.hotpepper.jp

www.hotpepper.jp

www.hotpepper.jp

 

取材依頼にお応えする「大塚たくま.com」

www.otsuka-takuma.com

本サイト「大塚たくま.com」は、私の連絡窓口であることと同時に「福岡で情熱をもって頑張っている人たち」や「実は面白い福岡のモノやコト」を紹介するメディアでもあります。

 

現在は私の個人ブログというよりは、みなさんの取材依頼を受けた記事を公開する場所として活用しています。ブログ開設時は、まさかこんな使い方をするようになるとは思いませんでした。

 

記事は依頼主の方と一緒に、取材の企画から最大限ベストを尽くして検討します。記事は名刺にQRコードを貼ったり、SNSや公式サイトからリンクしたりして、効果的にご活用ください。

 

依頼記事は記事中で「依頼を受けた」ことを明記し、「依頼をするほど情熱をお持ちの方」というような紹介をいたします。私が自然に出会ったような書き方は一切いたしませんので、そちらの点だけご了承ください。

とくに読んでほしい記事

www.otsuka-takuma.com

www.otsuka-takuma.com

www.otsuka-takuma.com

 

嬉野温泉とビートルズの魅力を発信する「旅館大村屋のnote」

note.com

 

嬉野温泉にある「旅館大村屋」さんへ月に1度宿泊へ行き、嬉野温泉で暮らし、働く人々の取材活動を行っています。嬉野温泉のモノではなく、人にスポットを当て、誰かに会いに嬉野へ行きたくなるような記事を目指して連載中です。

note.com

 

旅館大村屋の北川社長は、ぼくと同じ大のビートルズファンということもあり、「レッツ!ビートルズ on Podcast」と銘打った、ポッドキャストのコンテンツも配信中です。

open.spotify.com

 

Podcastの内容はnoteにもまとめて、連載中です。

note.com

 

観光を追体験できる「SPOT」

travel.spot-app.jp

「SPOT」は「おでかけ体験型メディア」というコンセプトを持っており、すべて実際に私が足を運んで取材した情報を掲載しています。生々しい写真をふんだんに取り入れ、私の現地での感動をそのままお伝えしたいと考えて執筆中です。よく息子の「こーくん」も取材に駆り出しています。

とくに読んでほしい記事

travel.spot-app.jp

travel.spot-app.jp

travel.spot-app.jp

 

子どもとのおでかけ情報を伝える「コモリブマガジン」

comolib.com

コモリブマガジンでは子どもとのおでかけ情報を取材してお伝えしていました。子どもの成長を見つめる親目線で記事を書いたこともあったので、今となってはグッとくる(書き手目線)記事がたくさんあります。現在は執筆していません。

とくに読んでほしい記事

comolib.com

comolib.com

comolib.com

 

 

大塚たくまのプロフィール

f:id:zuleta42:20190904191643j:plain

大塚たくま(Takuma Otsuka)

・ライター、編集者

・WEBライティング講師

・年間200本以上の執筆、編集

・福岡県在住

・ビートルズ大好き

・福岡ソフトバンクホークス大好き

・アビスパ福岡も最近大好き

 

会った時の雰囲気は、YouTubeが分かりやすいと思います。

www.youtube.com

www.youtube.com

「いいかねPalette」のみなさんともこの日が初対面です。たいへんお世話になりました。「いいかねPalette通信」はぜひチャンネル登録しましょう。

 

インターネットとの出会いは1999年。

ダイエーホークスのファンだった僕は「Hawks応援共和国」と銘打ったホークスファンサイトを制作。1999年~2006年の間更新を続け、新聞や雑誌に取材を受けるほどの人気サイトとなりました。

hawks.gooside.com

 

大学を卒業し、東京のテレビ番組制作会社に就職。

バラエティ番組のADになりましたが、あまりの人間離れした生活に半年で帰福しました。しかし、その時の「テレビってこんなにリサーチするのか」という経験は今でも生きています。記事に対し「テレビっぽい」という評価をいただくことも。

 

テレビ番組制作会社から転職し、逆浸透膜を使用した浄水装置の会社に転職。社員が10人もいない小さな会社で、社長直下の部下のような形。

 

飛込営業もしたし、チラシ制作もしたし、Web担当にもなったし。新卒採用の担当者になって、リクナビの管理、単独説明会の企画やらなんやら、選考まで全部やったし。販促企画もしたし、広報でプレスリリース出してTV取材読んだり、いろいろやりました。何でもやりました。

 

めっちゃ頑張ってたんですが「これ以上、ここで頑張っても厳しい」と感じた僕は転職を決意。たくさんの企業を受験したんですけど、内定2つしかとれなくて。

 

その2つが、両方ともライター職でした。

 

2年間オウンドメディアを運営する会社の正社員として勤務し、2019年から独立。フリーランスのライターとしての活動を開始しました。取材記事に活路を見出し、なんとかまだ生きています。

 

思わず拡散したプライベート記事

noteや匿名ダイアリーなど、仕事以外で書いた記事が不意に拡散することがちょくちょくあります。もしかしたら「あ、それ読んだことある」と言ってもらえる可能性があるので、ご紹介します。

 

anond.hatelabo.jp

 様々な著名な方が反応してくださり、一時は「B'z稲葉氏」「人生最大のピンチ」の2ワードがTwitterにトレンド入りするほどの騒ぎとなりました。

 他にも以下の文章はそこそこ拡散しました。僕らしい文章になっていますので、ぜひ一度読んでいただければ幸いです。

 

note.com

この拡散がきっかけでアビスパ福岡が好きになりました。詳しくはこちらをご覧ください。炎上と真っ向から向き合いました。

 

note.com

こちらの記事は「オモコロ杯2020」で銀賞を受賞しました。

 

note.com

吉田拓郎の良さをワガママに語った記事ですが、150を超える「スキ」がつき、noteのおすすめ記事に選ばれました。現在、「吉田拓郎 おすすめ」でGoogle1位です。

 

note.com

 

こちらの記事は岸田奈美さんが主催した文章コンテスト「キナリ杯」の「好きのおすそわけ賞」を受賞し、たくさんの方に読んでいただきました。

 

僕を知っているだけで、(とくに福岡の方は)インターネットがちょっと面白くなるんじゃないか。そんな情報発信ができればいいなと思っております。ぜひ、Twitterもフォローしてみてください!

twitter.com

 

www.otsuka-takuma.com