福岡のフリーライター・大塚たくま.com

福岡ではたらくWebライターです。

【ぼくの歯科レポート#5】春日原駅前歯科医院で虫歯を治療しました【PR】

f:id:zuleta42:20210425025039p:plain

こんにちは。ライターの大塚たくま(@ZuleTakuma)です。春日市にある歯科医院「春日原駅前歯科医院」さんから取材依頼から生まれた企画「ぼくの歯科レポート」。

 

この記事は春日原駅前歯科医院さんの提供でお伝えします。 

dental-cl.com

今回は第5回。5度目ともなれば、けっこう歯が整ってきたぼく。今日はシンプルに虫歯治療だけを行う予定です。

歯科通院も5度目! 歯はかなり整ってきました

f:id:zuleta42:20210425035907p:plain

 

ぼくの歯科治療もかれこれ5回目。この4回でいろいろな治療をしました。

 

f:id:zuleta42:20210324223116j:plain

 

すきっ歯を埋めたり。

 

f:id:zuleta42:20210416001024p:plain

 

銀歯を白くしたり。

 

f:id:zuleta42:20210405153008p:plain

 

教えてもらった歯磨きジェルを使って歯を磨くと……。

 

f:id:zuleta42:20210405154033p:plain

 

歯ぐきの状態が軒並み改善したり。

 

f:id:zuleta42:20210303161704j:plain

 

もう初めて診察を受けた時のような不安はありません。

 

f:id:zuleta42:20210425040906p:plain

矢野ただし

春日原駅前歯科医院院長。大阪歯科大学大学院時代には歯周病の原因を追究し博士号を取得。大学医院時代には講師として、中国全土・韓国・シンガポールにインプラント治療を広める。理念は「名医であり良医たれ」

 

f:id:zuleta42:20210425041143p:plain

矢野先生:もう歯の治療がけっこう終わってきました。今日は虫歯を治療します。

 

いつもサクッと終わって、細かく書いていなかった虫歯治療。改めて、ぼくの治療の様子をしっかりお見せしましょう。

 

虫歯治療って、口の中を見ないので、何をやっているかなかなかわかりにくいですよね。今日はそれらをすべてお見せします。

 

まずは虫歯の箇所を削ります

f:id:zuleta42:20210425042321p:plain


初回の診察で「小さな虫歯がたくさんある」と教えてもらったぼく。その後も、虫歯の大きさに合わせてレーザー治療を行ったり、削ったりと治療をしてきました。

 

レーザー治療はレーザーを当てるだけで、虫歯が蒸発するというスグレモノ。レーザーを当てるだけで、あっという間に虫歯が治療できます。保険診療というのだからすごい……。

 

f:id:zuleta42:20210306223346j:plain

レーザーを当てた箇所が白くなる

 

今日は小さな虫歯を削ります。

 

f:id:zuleta42:20210425083600p:plain

 

まだ虫歯がまったく痛くない状態なので、削られても痛みはありません。早めに歯医者へ行く重要性を実感します。

 

f:id:zuleta42:20210425084149p:plain

 

前歯の歯間周りなどに虫歯があったので、削っていきます。やはりこのような場所は汚れやすいので、日頃のブラッシングで注意する必要がありますね。

 

削った後はこんな状態になりました。

 

f:id:zuleta42:20210425085809p:plain

 

自分の歯が削れている写真を初めて見ました。

 

「あの素早い作業で、こんなに削っていたのか」と、けっこう驚いちゃいました。あの作業で、こんなに穴が空いていたなんて。そもそも、こんなに削る必要のある虫歯を持っていたなんて……。

 

削った歯の穴を埋めていきます

f:id:zuleta42:20210425092054p:plain

 

削った歯の穴がそのままではまずいので、削った穴を埋めていきます。

 

f:id:zuleta42:20210425093413p:plain

 

穴に埋め込まれていくのは「ビューティフルフロウ」という、歯科用のレジンです。丁寧に開けられた穴に埋めていきます。

 

f:id:zuleta42:20210425093956p:plain

 

埋めた穴を紫外線に照らせば、レジンが固まっていきます。

 

f:id:zuleta42:20210425101123p:plain

 

レジンが固まった箇所をまた少し削りながら、微調整していきます。

 

「カチカチ噛んでください」赤紙は咬合紙

f:id:zuleta42:20210425111003p:plain

 

「はい、カチカチ噛んでくださ〜い」

 

赤紙カミカミの儀式が始まりました。これ、歯医者あるあるですよね。この赤紙、いったい何のためのものかご存知ですか?

 

この紙は「咬合紙(こうごうし)」と呼ばれるもので、噛み合わせをチェックするために使われるものなんです。

 

f:id:zuleta42:20210425112647p:plain

 

このように、噛んだ時に強く当たる部分だけ、歯が着色します。

 

その部分の噛み合わせが合っていないということです。

 

f:id:zuleta42:20210425113030p:plain

 

着色した部分を少し削ることによって、噛み合わせが微調整できます。知らなかった……。これで完成です。

 

f:id:zuleta42:20210425114644p:plain

 

レジンを埋め、噛み合わせを調整すると、見た目は元通り。穴があったのがわからなくなりました。
 

削って埋める時間は全体で30分程度。歯が痛くなる前に歯医者へ行けば、この程度の時間で済むんですね。ストレスもなく、快適でした。

 

予防歯科の重要性を再認識

f:id:zuleta42:20210425120714p:plain

 

虫歯の治療をした後は、ブラッシングをしてもらい、歯間もお掃除してもらいました。やっぱり歯間ブラシは重要なのだそうで、ぼくもちゃんとやらないとな。虫歯あったし……。

 

 

今回行った治療(2021年4月16日)

  • 虫歯の治療
  • ブラッシング指導

治療時間:40分

今回の新発見

  • 虫歯を削った穴は意外と大きい
  • 痛くない虫歯でもけっこう削っている
  • レジンで埋めると穴が見えなくなるくらい元通り
  • 赤い噛む紙は「咬合紙」という
  • 咬合紙は噛み合わせを整えるために使う

 

次回予告:5歳の息子を初めて歯医者へ連れていきます

 

これからも、春日原駅前歯科医院さんの提供で歯科治療レポートをお送りしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

dental-cl.com