福岡のフリーライター・大塚たくま.com

福岡ではたらくWebライターです。

【ぼくの歯科レポート#6】春日原駅前歯科医院で5歳息子の歯をチェックしました【PR】

f:id:zuleta42:20210425140517p:plain

 

こんにちは。ライターの大塚たくま(@ZuleTakuma)です。春日市にある歯科医院「春日原駅前歯科医院」さんから取材依頼から生まれた企画「ぼくの歯科レポート」。

 

この記事は春日原駅前歯科医院さんの提供でお伝えします。 

 

dental-cl.com

 

今回は第6回。もうぼくの歯の治療はひと段落しているので、今日は息子のこーくんを歯医者に連れて行ってみました。

 

とくに歯の痛みはなく、毎日元気に暮らしているこーくん。口の中はどうなっているんでしょうか……。(自信ない)

 

こーくんと一緒に春日原駅前歯科医院へ

春日原駅から徒歩1分の場所にある「春日原駅前歯科医院」。矢野先生の似顔絵が描かれた立て看板が目印です。

 

f:id:zuleta42:20210425141827p:plain

「なんだこのおじさんは」

こーくんも立て看板に興味津々。「この先生に今から会うよ」と説明してから向かいました。

 

f:id:zuleta42:20210425142200p:plain

 

待合室で意外とおとなしくテレビを見て待ってくれているので、驚きました。ちょっと緊張しているのだろうか。

 

f:id:zuleta42:20210425142352p:plain

 

なんか自分で歯周病のリーフレットをとって、読み出しました。うん、ぜったい緊張している。

 

f:id:zuleta42:20210425142502p:plain

小さな背中から伝わる緊張

「さあ、こーくん、いこう!」

 

緊張しつつもおとなしく待っている間に順番がやってきました。一切顔には出さないけれど、後ろ姿から不安や緊張を感じます。

 

がんばってね、こーくん。

 

まずは歯のチェックから

さあ、いよいよ診察と治療の開始です。治療してくれるのは、春日原駅前歯科医院の院長である矢野先生です。

f:id:zuleta42:20210425143010p:plain

矢野ただし

春日原駅前歯科医院院長。大阪歯科大学大学院時代には歯周病の原因を追究し博士号を取得。大学医院時代には講師として、中国全土・韓国・シンガポールにインプラント治療を広める。理念は「名医であり良医たれ」

 

こーくんは緊張しているのか、口数少なめ。ちょっと顔も硬っているような気がします。

 

f:id:zuleta42:20210425143518p:plain

 

心配していましたが、椅子が倒されるだけで笑っていました。先生や歯科衛生士さんも、やさしく何度も声かけしてくれるので安心しているみたいです。

 

そのまま、歯のチェックへ。

 

f:id:zuleta42:20210425144324p:plain

 

「C、C、健全……。」

 

あれ「C」って、虫歯じゃなかったっけ……? え、こーくん、そんなに虫歯あるの……?

 

そのまま虫歯の治療へ

f:id:zuleta42:20210425145739p:plain

 

チェックが終わったら、もうそのまま虫歯の治療に入りました。こーくんは言われるがまま。最初に「歯をきれいにしにいくよ」と説明しているので、本人は歯のお掃除をしてもらうつもりです。間違いではない。

 

f:id:zuleta42:20210425150250p:plain

 

そして、そのまま歯を削り始めました。でも、全然痛くないようで、本人は一切顔色も変えません。

 

f:id:zuleta42:20210425150536p:plain

 

サッと削ったら、削った跡の歯にレジンを埋めて……。

 

f:id:zuleta42:20210425150753p:plain

 

紫外線を当てて、レジンを固めて、微調整して完成。

 

f:id:zuleta42:20210425152640p:plain

 

こーくんは一切嫌がることがなく、ケロッとしていました。

 

ーーあのー、矢野先生。うちのこーくんなんですが、虫歯は何本あったんでしょうか……?

 

f:id:zuleta42:20210425041143p:plain

矢野先生:何本だと思いますか?

 

ーーえーと……。3本とか??

 

f:id:zuleta42:20210425041143p:plain

矢野先生:6本ありましたよ。

 

ーー6本!? えっ、でも、こーくんは歯科検診でも虫歯ゼロって……。

 

f:id:zuleta42:20210425041143p:plain

矢野先生:小さい虫歯はナシとすることも多いんですよ。でも、痛くなる前にササッと治した方がいいでしょう。

 

ーーいや、ホントに。おかげで虫歯治療したのに、全然嫌がってないし。歯医者が嫌いな場所にならなくて助かります。ぼくら親の意識づけにもなるし。

 

またしても予防歯科の重要性を痛感するのでした。

 

はじめてのブラッシング指導

ブラッシング指導の前に、歯垢に色をつけてもらいましたが、この結果。

f:id:zuleta42:20210425154810p:plain

 

真っピンクでした。

 

いや、もうコレは本当に反省。矢野先生からは「歯垢つきすぎ」とのこと。うん、そうですね。見ての通りでございます。

 

f:id:zuleta42:20210425155125p:plain

 

けっこう本人任せだったよね、と妻と反省しました。ぼくはなんなら、妻任せだったと思います。そこもチクリと言われました。責任持って、こーくんの歯を守ろう。

 

歯科検診の「虫歯ゼロ」で「じゃ、いっか!」ってなってたな〜……。

 

f:id:zuleta42:20210425155452p:plain

赤い部分が歯垢が溜まっているところ

全然良くないのに。

 

矢野先生が言うには、「このまま放置してたら、どんどん虫歯が増えていく」とのことでした。そりゃそうだ。

 

f:id:zuleta42:20210425155725p:plain

 

本人も今日、歯や歯磨きと触れることで、意識が高まったと思います。親子にとって、有意義な日になりました。

 

子どもにとって歯医者が嫌な場所にならないように

f:id:zuleta42:20210425155932p:plain

 

「おりこうさんだね〜」と何度も褒められながら、無事に治療を終えたこーくん。ごほうびにくじらのおもちゃをもらって、治療を終えました。

 

f:id:zuleta42:20210425160115p:plain

 

くじらのおもちゃにご満悦。こーくんにとって、歯医者が嫌な場所にならなくて、本当に良かったなと思います。

 

こーくんの歯を守り、歯を大切にする大人に育つように、しっかりと親が教えないとな、と気が引き締まりました。定期的な歯科検診、そして歯磨き。がんばろっと。

今回行った治療(2021年4月24日)

  • 5歳児の虫歯チェック
  • 5歳児の虫歯の治療
  • 5歳児へのブラッシング指導

治療時間:30分

今回の新発見

  • 息子に虫歯が6本あった
  • 早めに歯科に行くのが重要
  • 息子の歯が歯垢だらけだった
  • 息子が歯科を嫌がらなかった

 

次回予告:5歳の息子の虫歯の治療が続きます

 

これからも、春日原駅前歯科医院さんの提供で歯科治療レポートをお送りしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

dental-cl.com